MENU

健康管理とサポート

■予防注射
接種が国に義務づけられている狂犬病、複数の病気を予防することが出来る混合ワクチンがあります。

  • [犬ジステンパー]
    発熱、下痢、神経症状などが起こり、全身がおかされ、治ってもいろいろな後遺症に悩まされます。死亡率も高くこわい病気です。

    [犬アデノウイルス2型感染症]

    アデノウイルスによる感染症で、肺炎や扁桃炎など呼吸器病を起こします。

    [犬伝染性肝炎]
    こちらもアデノウイルスによる感染症で、肝炎を主とし、嘔吐や下痢、食欲不振などが起こり、
    目が白く濁ることもあります。子犬では突然死することもあるこわい病気です。

    [犬パラインフルエンザ]
    パラインフルエンザウイルスによる呼吸器病で、咳や鼻水、扁桃炎を起こします。
    アデノウイルスや最近といっしょに「ケンネルコフ」と呼ばれる犬のカゼ症候群を引き起こします。

    [犬パルボウイルス感染症]
    血液のまじったひどい下痢や嘔吐を起こす腸炎型がよく知られていますが、子犬にも突然死をもたらす心筋型もあります。
    伝染性が強く死亡率も非常に高いこわい病気です。

    [犬コロナウイルス感染症]
    腸炎を引き起こす感染症です。下痢や嘔吐が起こります。
    パルボウイルスと混合感染すると症状はいっそう重くなります。
    コロナとパルボをいっしょに予防することがたいへん重要です。

    [犬レプトスピラ病 黄疸出血型 カニコーラ型]
    最近によって腎臓や肝臓がおかされる、人と動物共通のこわい伝染病です。
    代表的なのは歯ぐきの出血や黄疸がみられる黄疸出血型と、高熱、嘔吐、下痢を起こすカニコーラ型の2種ですが、この他にもいろいろなタイプがあるので注意が必要です。
    アウトドアで活動する犬ほど感染しやすいので、予防が大切です。

■フィラリア予防
蚊によって媒介される犬糸状虫の寄生で重篤な循環器障害を引き起こす病気ですが、
毎月のお薬で予防が 可能です。
お勧めのプログラムは4月~12月までの投薬です。なお温暖化がさらに進めば、通年と成る可能性があります。

診療案内

■予防注射
複数の病気を予防することが出来る混合ワクチンがあります。

  • [猫ウイルス性鼻気管炎]
    ヘルペスウイルスによる感染症で、ひどいクシャミ、セキ、鼻炎などの呼吸器症状のほか、結膜炎を引き起こします。高熱で食欲はなくなり、鼻水と涙で顔中クシャクシャ、典型的なカゼの症状がみられます。

    [猫カリシウイルス]
    かかりはじめはクシャミ、鼻水、発熱など、猫ウイルス性鼻気管炎にたいへんよく似ています。
    症状が進むと舌や口の周辺に潰瘍ができることもあり、また、ときには急性の肺炎を起こして死亡することもあります。

    [猫汎白血球減少症]
    白血球が極端にすくなくなる病気で、パルボウイルスが病原体。
    高熱、嘔吐、食欲がなくなり、下痢がはじまると脱水症状となります。
    体力のない子猫などは、たった1日で死ぬこともあるこわい病気です。

    [猫のクラミジア病]
    クラミドフィラ フェリスによる感染症。
    菌は眼や鼻から侵入するため、結膜炎、鼻水、クシャミ、セキがみられます。
    肺炎を起こすこともあります。ヒトに感染して結膜炎が起きた例も報告されています。

    [猫白血病ウイルス感染症]
    持続感染すると80%が3年以内に死亡します。
    白血病やリンパ腫など血液のガン、貧血、流産などを起こします。
    病気に対する抵抗力(免疫)が弱まるため、いろいろな病気も併発しやすくなります。感染してから発病までの期間がたいへん長く、その間は見かけ上健康にみえますが、ウイルスを排泄し、他の猫へうつします。

  • ネコエイズウイルスは感染している猫の唾液や血液中に含まれています。
    猫同士のケンカなどの咬み傷からの感染や母子感染があります。
    猫エイズに感染すると免疫力が低下し、あらゆる病気に感染しやすくなり、最終的に死に至ります。
    現在治療法はありません。
    ※猫エイズはワクチンの接種前に血液検査が必要です。

診療案内

犬・猫共通

■ノミ・ダニ予防 ノミ・ダニの吸血によるアレルギー性皮膚炎や貧血症。人にも感染いたします。皮膚に直接付けるお薬で予防が可能です。予防のプログラムは通年投与をお勧めいたします。
■腸管内寄生虫駆虫および予防  回虫をはじめとする腸管内寄生虫のほとんどは、下痢・血便・嘔吐などの症状を示します。通年にわたって感染がみられ、糞便検査によって虫卵や虫体が観察できます。日常の便の観察と定期的な検査により、速やかな駆除ができます。
■アレルギー 皮膚炎・外耳炎・下痢・結膜炎など、様々な症状を引き起こします。 症状の程度により治療は異なりますが、投薬や食事療法をお勧めします。
■マイクロチィップ  ペットの身分証明として、世界中で普及が勧められています。当クリニックでも対応しています。
■日々のチェックポイントとお手入れ 毎日のお手入れとして、ブラッシングをしてください。その際に表情の観察をし、全身状況と共に、涙・目ヤニの有無、口周囲の汚れやにおい、耳の汚れやにおい、爪、肛門腺・排便・排尿などをチェックしてください。

■ノミ・ダニ予防
ノミ・ダニの吸血によるアレルギー性皮膚炎や貧血症。人にも感染いたします。皮膚に直接付けるお薬で予防が可能です。予防のプログラムは通年投与をお勧めいたします。

■腸管内寄生虫駆虫および予防
回虫をはじめとする腸管内寄生虫のほとんどは、下痢・血便・嘔吐などの症状を示します。通年にわたって感染がみられ、糞便検査によって虫卵や虫体が観察できます。日常の便の観察と定期的な検査により、速やかな駆除ができます。

■アレルギー
皮膚炎・外耳炎・下痢・結膜炎など、様々な症状を引き起こします。
症状の程度により治療は異なりますが、投薬や食事療法をお勧めします。

■マイクロチィップ
ペットの身分証明として、世界中で普及が勧められています。当クリニックでも対応しています。

■日々のチェックポイントとお手入れ
毎日のお手入れとして、ブラッシングをしてください。その際に表情の観察をし、全身状況と共に、涙・目ヤニの有無、口周囲の汚れやにおい、耳の汚れやにおい、爪、肛門腺・排便・排尿などをチェックしてください。

保険適用のご案内

アニコムどうぶつ健保に対応しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

アイペット損保に対応しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

夜間の緊急診察のご案内

夜間の診察時間外は、夜間動物救急医療センター(診察時間21:00~6:00)で診察が可能です。
お電話にて予約してからお越しください。(TEL:0463-59-5900)

二次診療施設のご案内

高度医療を要する場合には、下記施設へのご紹介を行っておりす。

日本動物高度医療センター
日本大学動物病院
麻布大学附属動物病院
北里大学獣医学部附属動物病院